様々な分野の歯科|自身の目的にあった治療を受ける

静かに進行する病気

歯の施術

大阪府和泉北地域にある堺市において、痛みの無い歯茎の赤い腫れや軽度の出血といった症状がみられる方に心当たりがある方は少なからずいるかと思います。それらの症状というのは、歯周病が原因かもしれません。この病気は、細菌が原因となる感染症です。歯周病は重度になると急激に症状が重くなってしまう病気ですので、症状の軽いうちに歯科医院を受診する必要があるでしょう。堺市で歯周病の治療を受ける際には、歯科医院における歯周病科を受診することが適切です。ここでは、歯周病の症状について知っていきましょう。
歯周病というのは、初期症状から中度の症状まで自覚できる症状がみられない病気です。そのため、堺市においても気づくのが遅かったという人が多くいます。歯周病における初期症状というのは、上記であげた痛みのない歯茎の赤い腫れや軽度の出血といったものです。痛みがないという点において、多くの人は問題ないと判断してしまうのでしょう。中度の症状になると、歯石がつくようになり歯茎も下がり始めます。また、歯茎が下がることによって歯がしみる知覚過敏の症状がみられ始めます。これらの症状が出始めた段階で歯科医院を受診することができればいいのですが、あまり重い症状ではないのでこの段階で歯科医院を受診する人は少ないでしょう。歯周病の症状が重度のものになってくると、厄介な症状が現れ始めます。まず、歯周ポケット内に入り込んだ細菌によって歯茎から膿がでます。歯茎が膿んでしまうことによって、キツい口臭が発生してしまうでしょう。更に、歯茎の腫れも重症化し痛みを伴うようになります。最終的には、歯の周りが細菌に殆ど溶かされてしまい、歯の支えとなるものがなくなります。その結果、歯が揺れ始めてくるでしょう。そうなってくると、食べ物等を噛む際に歯が動いてしまうため、痛みを感じます。最悪の場合、歯の神経が死んでしまったり抜けてしまったりするのです。堺市において、初期症状や中度の症状が見られている人がいれば、重度の症状が見られる前に歯科医院を受診することをお勧めします。