様々な分野の歯科|自身の目的にあった治療を受ける

様々な矯正治療

医療器具

歯並びを整える歯科分野である矯正歯科では、矯正器具を使用した様々な治療を受けることが可能です。矯正治療で使用される器具と聞いて、多くの人が最初に思い浮かべるのはブラケットと呼ばれるものでしょう。ブラケットというのは、金属製の矯正装置にワイヤーを通したものを全ての歯の表側に取り付ける矯正器具です。金属製以外の白や透明といった審美ブラケットも存在します。しかし、ブラケットによる矯正治療では矯正器具が目立ってしまうというデメリットがあります。それを補った矯正治療として、舌側矯正と呼ばれるものが存在するのです。
矯正歯科で受けられる矯正治療の一つである舌側矯正では、歯の裏側に矯正器具を取り付けることで周囲から矯正器具が見えません。そのため、周囲に気づかれることなく歯列矯正を行うことができるのです。しかし、ブラケット治療に比べて費用が高額になってしまうというデメリットが存在します。矯正歯科で受けられる治療には、ブラケット治療と舌側矯正の2つを掛け合わせたハーフリンガル矯正と呼ばれるものがあります。ブラケットよりは費用が高めとなりますが、舌側矯正よりは安くなります。この方法では、上の歯列のみに舌側矯正を施し、下の歯列をブラケットによる矯正方法にするといった方法をとります。矯正歯科を受診した人の中で、軽度の矯正で済む人であれば透明なマウスピースでの矯正治療を受けることができます。透明なマウスピースによる矯正治療は、周囲から気づかれることも少なく自身で取外しが可能なため衛生です。費用も比較的安価といったメリットがあります。デメリットとしては、本当に軽度の歯列矯正のみにしか適用されないといった点があげられます。